『スパイ VSスパイ』 ファミコン芸人フジタの1万本日記 | ゲーム島〜ゲーム伝道師:古川小百合のやり込み動画マガジン〜

『スパイ VSスパイ』 ファミコン芸人フジタの1万本日記

どうも、ファミコン大好きフジタです。

記念すべき 第一回目は、クソゲー大決戦時も含めて、結構な回数 「一番好きなゲーム」 と言っているナンバーより ・・・

スパイVSスパイ!

*(この 「VS」 は 「アンド」 と読みます。)

「スパイVSスパイ」は、マリオブラザーズをより戦略化したようなゲームで、当時子供だった自分には中々難しいものがありました。
敵の動きなどを憶えつつ、みずからも罠を仕掛けてアイテムを探したり、隠したり・・。

また、同時に見たり憶えたりすることも多く、極めるとなると非常に難しいゲームです。敵を殺した後の復活ポイントに待ち構えたりする辺りはマリオブラザーズに似ている戦略もあったり。


 『スパイVSスパイ』 は罠の仕掛けが楽しい!

重要アイテムをまとめてカバンに隠し、そこに爆弾かスプリングを仕掛け、ドアには全方向にバケツを仕掛け、部屋にも時限爆弾を仕掛け、何重にも罠を仕掛け仕掛け仕掛け

最終的に自分でも、何処にどの罠を仕掛けたか判らなくなったりするのもまた楽しく、当時小学校3年生でしたが、大きくなるにつれてよりスパイの方の良さが分かってきました。


(今でも、マルチプレイなどのオンラインで通用しそうな ゲームです。)

レベル1の6マスでも中々の白熱。レベル1の場合、爆弾とスプリングは解除できないですが。マイナーなタイトルだからか、ファミマガのポイントでは、最下位に近いポイント ・・。どういう見解なのか!

最近対戦する機会もなく、腕が衰えているかもしれませんが、ぜひ上手い人と対戦したいナンバーです!

 

text by ファミコン芸人フジタ

http://fujita-quest.seesaa.net/

ゲーム島の島