「タッグチームプロレスリング」 ファミコン芸人フジタも1万本日記| ゲーム島〜ゲーム伝道師:古川小百合のやり込み動画マガジン〜

「タッグチームプロレスリング」 ファミコン芸人フジタの1万本日記

どうもフジタです!

先日のお願い!ランキング出演では、
たくさんの方々に見ていただきありがとうございましたー!

得意なロックマン2で、さらに中ではやさしめなヒートマンにも関わらずワンミスが決まってしまい何かすいません!
さゆり姫と下位のワンツーになってしまい何かすいません!
次回こそは!

そんな中、

第五回目は、

普通におもしろいナンバーより、、、

タッグチームプロレスリング!
タッグチームプロレスリング
画像左は通常版、右はスペシャル版!
スペシャル版は、箱説明書やチラシ付きでそこそこなら、20万円位、カセットのみ7万円位。

この箱説明書付きは、かなり早い段階16年位前に個人売買誌で入手したのですが、紛失して今でも名残惜しいナンバーです。今は画像のカセットのみしか持っていないので。

当時ナムコのファミカセCMは多々あり、

クーソーしてから、寝てください。でもおなじみ。

CMでは、タッグティームプロレスリング!などの言い方も話題に!

プロレスゲームと言えば、

キン肉マンが先で、プロレスとは遠く粗いながらも面白く、

このゲームも今のプロレス ゲームから考えると、斬新ですが、当時としてはおもしろいゲームの一つです。
当時は人と対戦できるゲーム自体が少ないので、やはり、対戦ができるだけで相当プラスだったです。

タイトル画面。
タッグチームプロレス タイトル

何が斬新かと言うと、
パンチが基本で、パンチが決まると、
制限時間はありますが、そこから受けた方は反撃できず技をゆっくり選べると言うのが斬新!
強力な技は後半にあり、連打して選んでいると最初の技に戻ってしまったり。

あと、マイクで叫んで仲間に助けてもらったりの技があったりもします。

対コンピューター戦では、

コンピューターは一定時間無敵になったりもするのですが、

ダウンからの起き上がりをねらうと、連続 ではめられたり、
タッグチーム ダウン

場外戦では、
リングアウト前で技を決めると、
リングアウト
画像は一番ダウン時間が長い、tecchu(鉄柱に頭を叩き付ける)ですが、どの技でも調整で、

リング上に戻れずこちらの勝ちになったりと、
タッグチーム プロレス

1面数十秒でクリアでき、
プロレス クリア

面はループしますが、リングアウトだけで全面クリアもでき、単調ではあります。

なので、やはり人との対戦がおすすめです。

今主流のプロレスゲームとは根本が違うので、この系のプロレスゲームももう少し新しいゲーム機で出てればなーと思います。

パンチが決まるまでのやりとりをもう少し複雑にして、

技を増やしたり、技を選ぶのももう 少し難しくして、

自分の陣地に近い時には、ホール系など、若干はありますが、
技がどれを選んでも大差はないので、各々の技を状況に応じた技にすれば!

今でも通用するゲーム!かな、、、

とにかく、今やってもそこそこ楽しいゲームです。

ゲーム島の島